top of page

行事案内

論文・講演・記事

池田和人の代表論文と講演や記事の事例を掲載させていただきます。講演資料につきましては、公開できる部分のみ掲載させていただいております。どうかご容赦下さい。

論文といくつかの記事は、「公益社団法人日本技術士会」 が発刊した雑誌に掲載されたものです。雑誌『月刊技術士』 は、全国の日本技術士会会員向けに発行された雑誌です。雑誌 『技術士ちゅうぶ』 は、愛知・岐阜・三重・静岡の日本技術士会会員向けに発行された雑誌でございます。

以下より無料でダウンロードできます。

(無断転載・無断使用は禁止)

論文

社会の知力を高めるために [論文]

【月刊技術士 2019年4月号】

社会の人々が意欲を持って多くの知に出会えば、社会は成長します。そしてこれは、微分方程式で説明ができます。さらに、マクロ経済学の数量方程式を応用しますと、社会の知力を高めるためのコツが見えて参ります。全文をどうぞ。なお、論文の末尾にございました当時の写真は勝手ながら変更させていただきました。

論文 社会の知力 JPG.jpg

雑誌「配管技術 プラントの安全 : 2024年3月増刊号」

【配管技術 "プラントの安全" : 2024年3月増刊号(日本工業出版)】

雑誌「配管技術 2024年3月増刊号」の43ページに「プラント安全管理の実務」と題する記事を載せました。以下は、その一節です。

【「プラント安全管理の実務」の一節】

 スラム街を有する人口80万人の都市をプラントから漏洩した毒性ガスが襲い、死者2万人以上を出したインド・ボパール事故(1984年)は、『非定常作業における事故』の典型である。メインのMIC(メチルイソシアネート)生産設備の長期休止中、配管工事に用いられた水がMICの貯槽に入り、激しい反応により圧力が急上昇して毒性ガスが外部に漏洩した。この時、生産設備の休止と配管工事という非定常状態を無視した結果、貯槽の冷却を兼ねていた冷凍設備、排ガス除害設備(ベントスクラバー)、フレアスタックといった防護壁が全て休止され、それが毒性ガスの大量漏洩という大惨事を生んだ。おそらくこの現場には、『MICを貯めておくだけ』、『単なる配管工事』という安易な考えがあったのだろう。

配管技術 2024年3月増刊号.jpg

【記事の訂正】 池田隼人⇒池田勇人

雑誌「プラスチックス 2023年7月号」 人と技術は世を変える

【プラスチックス(日本工業出版)】

雑誌「プラスチックス7月号」の65ページに「人と技術は世を変える」と題するコラムを載せました。以下は、その一節です。

【「人と技術は世を変える」の一節】

カルヴァン派プロテスタント国では、「自分が救われるかどうか神がすでにお決めになっている」のだから、それを逆に解釈すれば、「神に人生を決められている以上、何をやっても同じ」ということになる。そのような教えに基づけば、人の心は一旦「あきらめの境地」に至るが、その心はすぐに「開き直りの精神」に変わり、やがて「冒険の精神」に生まれ変わるであろう。

CamScanner 2023-07-14 21.33.jpg

【「人と技術は世を変える」の一節】

我々の世代は、「火を起こすな」という「歴史的発明の否定」を安易に受け入れるべきでない。我々の世代は、地球温暖化を改善しつつ、「好きなだけ火を起こせる」という理想を追求すべきである。排煙から二酸化炭素を分離回収する技術さえ持つことができれば、それが可能である。現状、二酸化炭素を高効率で分離回収できる技術はない。しかし、日本は、「二酸化炭素の分離回収技術で世を変える」という野望を抱くべきである。

講演・講師・セミナー等

​技術士と日本技術士会の紹介

【ビジネスフェア 2023】

2023年10月のしんきんビジネスフェアに日本技術士会中部本部がブースを出展しました。そこで、「技術士と日本技術士会の紹介」をさせていただきました。その動画とプレゼン資料を公開致します。

​日本技術士会 中部本部 化学・金属・繊維部会 の紹介

【日本技術士会】

日本技術士会 中部本部 化学部会は、化学部門・金属部門・繊維部門の部会でございますので、部会名を「化学・金属・繊維部会」に変更致しました。当部会の紹介のためのプレゼン資料を公開致します。

化学・金属・繊維部会.png

工場・設備の投資採算性

【セミナー・講演】

設備導入の初期投資額が10億円、その設備から生み出される毎年の税引前利益が1億円の場合、あなたはその設備投資を実行しますか。それとも断念しますか。日本技術士会や民間セミナーで投資採算評価の手法を講義しています。「行事案内」のページにも、セミナー案内を掲載しましたので、ぜひご覧下さい。

投資採算.png

社会の知力を高めるために [講演]

【日本技術士会 中部本部化学部会 2019-11】

これは、上記の論文をテーマにした講演です。社会の人々が意欲を持って多くの知に出会えば、社会は成長します。これは微分方程式を用いて説明することができます。さらに、マクロ経済学の数量方程式を応用しますと、社会の知力を高めるためのコツが見えて参ります。講演資料の抜粋を公開致します。

遏・蜉帙r鬮倥a繧九◆繧√↓ 雋シ莉倡畑1024_7.jpg

​工業化学概論

【大学講義「工業化学概論」】

化学系の学生や化学企業の新入社員の皆様方の中には、教科書は理解できても、その教科書が社会でどのように活かされるのかがイメージできない方が多いのではないでしょうか。私が担当している大学の講義では、化学や化学工学がどのように社会で活かされるのかを教えています。化学プラントの仕事は、スケールが大きい仕事です。そして、化学プラントを理解するためには、「大きな目」を養う必要がございます。大学講義で使っている資料のほんの一部を公開致します。

化学プラント 講義.png

学生の皆様へ

【大学講義にて】

これからの日本を担う学生の皆様方に是非お伝えしたいことがございます。見るべきものは、日本ではなく世界です。世界を見て、日本の現実を知り、そして大局的な視野をもって、素晴らしい日本を創って下さい。大学の講義で使った「学生へのメッセージ」のスライドを公開致します。

一人あたりの名目GDP 2024.png

​また、化学工学を学んでいる学生向けに将来の仕事がわかる文面を作りましたので、これも公開します。

​これからは博士に行こう。ロックが好きな君たちへ。

【大学の授業ではできませんが】

  • メタリカのジェームズ・ヘットフィールドが米国カリフォルニア工科大学(通称CalTech)の理学博士であることをご存知でしょうか。

  • クイーンのブライアン・メイが英国インペリアル・カレッジ・ロンドン(通称ICL)の理学博士であることをご存知でしょうか。

  • ソ連崩壊3ヶ月前にモスクワの飛行場で行われたモンスター・オブ・ロックでメタリカが160万人の観客を熱狂させたことはご存知でしょうか。

  • 以下の資料をご確認下さい。ロックスターたちの政治的な役割が見えてきます。

ロックスターと博士.png

リスクアセスメント

【FTA、ETA、LOPA、HAZOP、FMEA】

リスクはゼロにはなりませんが、化学プラントを設計する際には、爆発火災や毒物漏洩が起こらないように、リスクアセスメントを行います。このリスクアセスメントは、化学プラントの設計以外に、いろいろな分野に応用できます。リスクアセスメントには、定性的リスクアセスメントと定量的リスクアセスメントがございます。講義資料のほんの一部を公開致します。なお、「行事案内」のページに、このセミナー案内を掲載しましたので、ぜひご覧下さい。

ホームページ用_page-0004.jpg

技術士活用促進・開業支援シンポジウム [講演]

【日本技術士会 2023-1】

事務所を開業してから現在まで、会社員時代には経験できなかったいろいろな事がございました。日本技術士会の技術士活用促進・開業支援シンポジウムにて事務所を開業してから現在までについてお話させていただきました。講演資料をお渡しすることはできませんが、ここにご報告させていただきます。

シンポジウム.png

憲法 -1 [講演]

【日本技術士会 中部本部化学部会 2014-4】

太平洋戦争で日本が敗戦し、米国による占領下で日本国憲法ができました。敗戦から憲法制定までの過程は、まさにドラマです。ジョンロック、ルソー、マッカーサー、吉田茂、幣原喜重郎、近衛文麿、松本烝治・・・。歴史上の人物がいろいろ出てきます。講演資料をどうぞ。

隰帶シ・諞イ豕・1 2014-4-18 蜀咏悄逕ィ1024_1.jpg

憲法 -2 [講演]

【日本技術士会 中部本部化学部会 2016-2】

我々の自由は、日本国憲法のおかげです。押しつけ憲法であることは事実ですが、世界に誇れる憲法とも言えます。今の日本では「表現の自由」は当然の権利として軽視されがちですが、憲法の世界では「表現の自由」が最も重要であり、「表現の自由」があるからこそ我々は自由を感じられるのです。社会に自由と寛容を。講演資料をどうぞ。

隰帶シ・諞イ豕・2 2016-2-20 蜀咏悄逕ィ1024_1.jpg

憲法 -3 [講演]

【日本技術士会 中部本部化学部会 2017-8】

第一次世界大戦の反省を受け、戦争は国際的に違法とされましたが、結果的に第二次世界大戦が起きました。平和を実現するにはどうすればよいのか。現代史と憲法論の視点で考えてみませんか。講演資料をどうぞ。

隰帶シ・諞イ豕・3 2017-8-26 蜀咏悄1024_1.jpg

​人間関係について

【ある若者へのメール 2023-1】

敗戦後の首相「吉田茂」が育てた若者たちが、日本の高度成長を実現しました。その若者たちとは、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、大平正芳、鈴木善幸、宮澤喜一です。このつわものたちは、総理大臣として日本を先進国に導いた人です。これまでの歴史を見ますと、「人と人とのつながりが社会を造る」ということがわかります。

一方、今の若者に伝えたいことがあります。それは、人間関係を意識して行動するより、社会を任せられる人間になることの方が重要だということです。常に社会の未来を考え、社会の未来のために尽くして下さい。そうすれば、社会の皆さんが喜んでくれます。そして、その人の人間関係もうまくいきます。

記事

『日本が誇るビジネス大賞 2024』に掲載

(記事の抜粋)
若者たちが守備型の人間関係を克服し、チームワークで仕事を前進させるための方策として、「プロジェクトの創設」がある。部門を超えたプロジェクト員たちが、ホワイトボードを前に本音で技術論を展開し、価値ある友人関係を築いたならば、その人たちが将来大きな利益を生み出してくれるかもしれない。彼は、人を豊かに育てながら、自らも仕事を行う。

日本が誇るビジネス大賞 2024.png

『令和のベストヒット大賞』に掲載

​池田和人技術士事務所が『令和のベストヒット大賞 2023』に掲載されました。

令和のベストヒット大賞 2023.jpg
令和のベストヒット 2023.png

『B-plus』に掲載

​女優 矢部美穂さんと技術士 池田和人との対談が、『仕事を楽しむWebマガジン "B-plus"』に掲載されました。

image.png

日本技術士会 中部本部 化学・金属・繊維部会の紹介

【技術士ちゅうぶ 2021年3月号】

仕事は「右脳でひらめき、左脳で実行すること」です。「日本技術士会 中部本部 化学・金属・繊維部会(旧 中部本部化学部会)」は「右脳を刺激する部会」です。当部会の講演会の質疑応答は、「誰が何をしゃべっても良い」というものです。自由で気楽な当部会の講演会で皆様方をお待ち申し上げております。技術士や修習技術者だけでなく、一般や学生のご参加も大歓迎です。当部会の紹介記事をどうぞ。記事にはイノベーションの巨匠「ヨゼフ・シュンペーター」も出てきます。

記事 中部化学部会 JPG.jpg

​会長表彰を受けて

【技術士ちゅうぶ 2021年9月号】

日本技術士会から会長表彰をいただきました。この記事には、この表彰への感謝の念と日本の技術力の向上に対する一つの提言が書かれています。脱炭素も人工知能も実現するのは人間です。落ち込んだ日本の技術力を高めるためには何より「人作り」が大切です。技術者の皆様、技術士を目指しませんか。そして、日本技術士会でともにおいしいお酒を飲みましょう。

記事 会長表彰 JPG.jpg

日本技術士会中部本部が三重大学と連携協定を締結

【技術士ちゅうぶ 2022年9月号】

「公益社団法人日本技術士会 中部本部」は「国立大学法人三重大学 大学院 工学研究科」と2022年1月24日に連携協定を結びました。右の写真は、ご尽力下さいました三重大学の先生方と我々日本技術士会です。この連携協定はまさに「ウィンウィンの協定」です。技術士ちゅうぶに記事を載せましたので、ご覧下さい。

三重大学ホームページ写真.jpg
bottom of page